マンション業者の営業トークは本当なのか? | 投資用マンションSOS 所有中ワンルームマンションの運用シミュレーション

お気軽にお問い合わせください

050-5360-0536 受付時間9:00〜20:00(木曜定休)

初回相談はこちらから

マンション業者の営業トークは本当なのか?

節税になります

ワンルームマンションを薦められる際に最初に言われるのがこの「節税になります」です。

そもそもマンション投資はなぜ節税になるのでしょうか?
それは投資にかかる費用の多くを経費計上できるからです。ローン支払いの利息部分、減価償却費用、火災保険料、固定資産税などが代表的な部分になります。また初年度から2年目にかけて計上できる登記費用や不動産取得税などは経費として非常に大きなインパクトを出すことができ、大きな節税効果を得ることができます。

「ただその経費は永遠ではありません!」

マンション購入後、2年間続く大きな経費と年々減っていく経費。購入当初は得られていた大きな節税効果も年々減っていてしまいます。なぜ減っていってしまうのか?ここではマンション投資の説明効果の仕組みと、年々減っていてしまう仕組みを解説しております。

生命保険代わりになります

本当に生命保険として機能しているのでしょうか?

投資用マンションを購入すると多くの方がマンションローンを組みます。そしてそのローンには団体信用生命というものが付いている場合が多く、借入している本人が返済中にお亡くなりになった場合、団体信用生命によりローンが消滅します。
このことからマンション販売の営業マンは、「持っているだけで生命保険代わりになります」とこの部分を販売におけるウリにするのですが、本当に生命保険として機能しているのでしょうか?
ここではローン団信による生命保険と、民間の保険会社で加入した場合の生命保険とを比べながら、本当に保険代わりになっているのかを解説しております。

将来の年金代わりになります

将来、本当に年金がもらえるのかも心配になってしまいます。

将来の年金不安は誰にでもあること。1950年代には12人で一人の老人を支えていたのが、現在は2.8人に一人の老人を支えており、また2060年には1.3人で一人の老人を支える時代がやってくるとも言われています。年金を未納する若者も多く、将来、本当に年金がもらえるのかも心配になってしまいます。自分自身で準備する自分年金ともいえるマンション投資。しかしながら本当に将来の年金代わりになるのでしょうか?
ここでは将来の家賃収入と、市場の物価上昇率から、年金代わりになるのかを解説しております。

持っているだけで資産になります

営業マンから必ず言われる営業トークです。

「不動産は持っているだけで資産になります。」営業マンから必ず言われる営業トークです。
本当にマンション投資は持っているだけで資産になるのでしょうか?
ここではマンション投資が資産になっているのかと、そもそも人生における資産とはどういったものなのかを解説しております。

PAGETOP
ページトップヘ